自律神経にタウリンが影響する?

MENU

自律神経にタウリンが影響する?

筋肉の中にはタウリンといわれる物質が存在しています。このほかにも、肝臓や腎臓、心臓などの臓器にもあります。このタウリンがなかったり、不足していると健康にも悪影響を与えてしまうことになります。また、タウリンというのは、神経とも密接な関係があるということをご存知だったでしょうか?タウリンというのは、自律神経の一つである交感神経の働きを抑えるという作用もあります。ですので、タウリンを摂取することで、自律神経を整えやすくなるといわれているのです。

 

交換真剣の働きを抑制する

 

交感神経というのは、体を緊張させたりする働きを持っています。そして、体をリラックスしているときに働くのが副交感神経になっています。交感神経のほうが強くなっていると、心臓が活動を活発にして、血液の供給量が上がり、筋肉も緊張状態になります。しかし、交感神経の働きが強くなりすぎてしまうと興奮状態になってしまって、攻撃的になってしまったり、イライラしやすくなってしまうのです。

 

タウリンは、この交感神経を抑制してくれますから、血圧を低下させたり、体の緊張状態をほぐしやすくすることが出来るようになるだけではなく、交感神経と副交感神経のバランスを保ちやすくすることが期待できるのです。

 

集中力にも影響を与える

 

交感神経が強くなりすぎてしまうと、脳も興奮状態になってしまいますし、精神的にもイライラしてしまいますから、情緒不安定になりやすくなってしまいます。だからといって、大量に交感神経を沈静化させるような物質を供給してしまうと、憂鬱な気持ちになりやすくなってしまったり、無気力になってしまうのです。

 

タウリンの場合は、自律神経のバランスを保ってくれますから、交感神経を沈めすぎてしまって、無気力などになってしまうといった弊害もなくなりやすくなります。運動をしている人の場合、試合などの前に、緊張しすぎてしまって、集中力が高くならなくなってしまうということもあるのですが、このようなときにタウリンをしっかり摂取するようにすれば、程よい緊張感で運動に集中をすることも可能になるのです。

 

また、タウリンを摂取することによって、アセチルコリンといわれる神経伝達物質が増えるということも研究で判明されており、認知症などの予防に対しても効果が期待できるといわれています。