タウリンの合成にビタミンB6は必要不可欠

MENU

タウリンの合成にビタミンB6は必要不可欠

タウリンというのは、体の中で合成できるのですが、タウリンを合成するためには、ビタミンB6が必要不可欠です。肝臓によってタウリンが合成されているのですが、タウリンが合成されるプロセスとして、メチオニンとシステインが作り出されます。そして、このシステインによってタウリンが作り出されているのですが、システインからタウリンに合成するためには、ビタミンB6に補助をしてもらわなくてはならないのです。つまり、ビタミンB6が不足してしまっていると、しっかりタウリンを合成することが出来ないのです。

 

高血圧や糖尿病を発症していて、タウリンを摂取したいと考えている人もいるでしょうし、運動を普段からしているという人、疲れが溜まってしまっているという人の場合、タウリンだけではなく、ビタミンB6もしっかり摂取するようにしたほうが、タウリンを体の中で増やすことが出来るようになります。ただし、合成できるタウリンの量というのは限られています。ですから、体の中で作られるタウリンだけでは、心もとないですから、食事などでタウリンを補給するようにしましょう。

 

さらに、女性の場合は、タウリンは女性ホルモンによって合成されにくくなってしまっています。ですから、男性よりもしっかりとタウリンをしっかり摂取するようにしなくては、タウリン不足になりやすくなってしまいます。また、食事だけでタウリンを必要量摂取するのは難しいですから、サプリメントも活用するようにしたほうがいいでしょう。