乳児や乳幼児にはタウリンを与えよう

MENU

乳児や乳幼児にはタウリンを与えよう

乳児にはタウリンをしっかり摂取してあげるようにしなくてはなりません。乳児というのは、大人とは違って、タウリンを体内で合成することが出来ません。またある程度成長したとしても、あまりタウリンを作ることが出来ないですから、母乳などからタウリンを摂取している状態になっています。ですので、生まれた直後の赤ちゃんや乳児というのは、母乳やミルクなどからタウリンを吸収するようにしなくては、脳や目が順調に成長することが出来なくなってしまい、障害が出てしまったりするということもあるのです。

 

そのため、赤ちゃんが飲むミルクというのは、高濃度のタウリンが配合されているものがほとんどです。また母乳にも母体のタウリンが含まれており、赤ちゃんに供給してあげることが出来るようになっているのです。赤ちゃんを産んだ直後から、産後1週間くらいの間は、タウリンがかなり多く含まれている初乳が出ます。この初乳を赤ちゃんに飲ませてあげることで、赤ちゃんにタウリンを与えることが出来るようになっているのです。

 

また、ミルクというのは、母乳と同じようにタウリンが配合されているのですが、赤ちゃんの成長のサポートのためにタウリン以外の成分も色々含まれている母乳のほうがいいです。ですので、なかなか母乳が出てくれないというのであれば、ミルクがいいのでしょうが、そうではないのであれば母乳を飲ませてあげるようにしたほうがいいでしょう。