高血圧の予防に良いタウリン

MENU

高血圧の予防に良いタウリン

タウリンというのは高血圧対策をすることが出来るといわれているのですが、どうしてなのかというと、タウリンというのは交感神経の働きを抑制してくれる作用を持っているからです。

 

血管の中を流れている血液が血管のうちへ気にかけている圧力のことを血圧といいます。そして、血圧でも、心臓が収縮しているときの最高血圧と、心臓が拡張されているときの最低血圧があります。

 

高血圧というのは、交感神経に刺激が加えられることが発端になっており、緊張状態になって心拍数が高くなってしまいます。すると、血管も細くなるため、血液の量も増えることになります。これによって、血圧が高くなってしまうのです。

 

このほかにも、交感神経の働きが増してしまったことによって、腎臓に悪影響を及ぼしてしまうことが原因で高血圧になってしまうこともあります。

 

腎臓という臓器は、体の中の水分と塩分をコントロールする働きを持っているのですが、腎臓の働きが悪くなってしまうと、塩分と水分のバランスがアンバランスになってしまい、血圧が高くなります。

 

この二つの理由から高血圧になってしまうのですが、どうして交感神経に刺激が加えられることになるのでしょうか?何が原因かが分かっている高血圧というのは、二次性高血圧と呼ばれているのですが、高血圧になっている人全体を見ると、二次性高血圧と診断されている人は1割未満になっています。

 

高血圧になっている人のほとんどは、本能性高血圧といわれるものになっています。本能性高血圧は、原因がはっきりとしていない高血圧のことを指しています。

 

タウリンは交感神経の働きを抑制するため、しっかりタウリンを吸収することによって、交感神経が原因の高血圧になりにくくしていくことが期待できるのです。